忍者ブログ
回転寿司の偽装魚、本当のネタをバラします!

2018-12

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



九州など漁獲されるサルボウ貝(猿頬貝)、ほかにサトウ貝。
殻の形状が赤貝に似ているが、中身は赤みが薄く、身肉も薄い。味も数段劣る。

回転ずしだけではなく、缶詰や佃煮に使われる"赤貝"のほとんどがサルボウ貝。また、回転ずしでは、アメリカイタヤ貝も使われる。



この貝は時間が経つにつれ、身の赤みが薄くなり、しまいには白くなってしまう。これでは赤貝に偽装できないため、そこで中国に運ばれ、着色剤で赤く染めた"赤貝"加工品が輸入されている。

現在は、中国でアメリカイタヤ貝の養殖が行われており、その着色貝が回転ずしのレーンの上を回っている。



GEKIDAS激裏情報@大事典


こちらもどうぞ。

Yahoo!知恵袋
赤貝の缶詰の原料を見てみたら、サルボウ貝!!???
http://detail.chiebukuro.yahoo・・・

全ての回転寿司屋がそういった魚を扱っているわけではありません。
お店選びの判断はご自身で。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
by 桜花素材サイト様